スポンサードサーチ




いびきケア

横向き寝専用枕【YOKONE】

更新日:

腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら

東洋医学では安眠には横向きが理想

東洋医学では安眠を得るために、横向きが理想とされてます。
横向きのメリットとしては 、

いびきの軽減

腰痛が楽に

睡眠時無呼吸症候群の防止

睡眠の質が上がる

ということがあげられます。

日本人の45%は横向き寝というデータがあります。

朝起きて十分な睡眠時間をとっても『疲れが取れている人』と『疲れが取れてない人』がいらしゃると思います。よく寝れても疲れが良く取れない原因は【イビキ】です。

1番疲れがとれない体勢は「仰向け」です。寝ている時に首の「脂肪や筋肉」がゆるんでしまい、気道が狭くなって、「イビキ」をかいてしまいます。「イビキ」をかくときに肺にとても負担がかかってしまい、風船を何千回も膨らませているのと同じくらい体力を使ってしまうからです。

しかし、「横向き」で寝ると、気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなるのです。

寝返りをうたないようにするには、「ウエストポーチ」にテニスボールを入れて「横向き」でねるのがいいのです。

横向きでも、「体の右側」を下にして寝るのがおすすめです。「胃」の出口は右側にあるため、消化を助け、身体への負担を軽減することができるからです。

特許の技術で横向き寝をサポートする
横向き寝専用まくらを試してみませんか?

横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)」

 

yokone_pc_con07a

横向きに寝ると脳の「ゴミ」を除去するのに最も適した姿勢であることが
ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の研究より明らかになりました。

この研究での脳のゴミとはアルツハイマー病などを引き起こす
アミロイドβの事です。

アミロイドβなどの脳のゴミの多くは睡眠時に体外へ排出されます。

この研究では仰向け、横向き、うつ伏せの
3種類の寝方でどの寝方が最も排出が進む姿勢かを調べました。

その結果、横向き寝が最も脳のゴミの排出に
適した姿勢であることがわかりました。

研究者は横向きでの睡眠は人間のみならず
動物においても最も多く見られると述べています。

一般的に寝る姿勢としては仰向けがイメージしやすく
横向きが最も適しているというのは意外だったのではないでしょうか?

ただ、よくよく考えてみれば妊婦さんは横向き寝が多いですし
胎児もお腹の中で横向き寝の姿勢でいます。
横向き寝は身体の負担が少なく自然で楽な姿勢なのです。

横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)」


スポンサードサーチ




スポンサードサーチ




スポンサードサーチ




-いびきケア

Copyright© おまかせ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.