お家の保険相談センター | おまかせ.com

お家の保険相談センター

貰いそびれている火災保険金を受け取りませんか?

一見被害の無いように見える家を含め、平均80万円の保険金が下ります。

こんな些細な被害でも多額の保険金※が下りています!

火災保険の現状

現在、一戸建ての火災保険(火災共済を含む。)の加入率は約8、9割ほどだと言われています。

マイホームをお持ちの方のほとんどは火災保険に入られているのです。

また火災保険というと火事が起きた時災害にあったときにしか下りないイメージがありますが

実は・・・

約9割の火災保険は、火事以外の雪、雨、風、雷の被害にも適用できるのです。

また、保険というと大きな被害がないと受給できないと思いがちですが、
保険金が下りるために被害の大小は関係なく、重要なのは原因なんです。
被害の原因が補償範囲内の風雨や雪雷によるものと保険会社に判断されれば、
被害が出た場所の現状復旧費は支払われます。

一見被害が何もないように見える家でも、保険金が支払われたりすることがとても多く
築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円の保険金が下りるのです。
※関東地方の場合

また、火災保険は自動車保険などと違って等級制度ではないので、
保険金を下ろした後でも、支払う保険料は一切上がりません。
保険申請も雪、雨、風、雷、火事などによって
被災箇所が増える度に何度でもできます。

火災保険申請が厄介な7つの理由

1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどで屋根に登って調査しなければならない

2.傷が被災によるものか、経年劣化によるものかの判別が必要

3.被災箇所を適切な角度で、写真撮影する必要がある

4.申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある

5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない

6.被害に見合った適切な額の見積書を、作成しなければならない

7.保険会社・鑑定人とのやり取りを、正確に行わなければならない

火災保険を個人で申請するのはとても困難で、申請できたとしてもフロー内で曖昧・適切でないポイントがあると、
申請が却下されてしまったり、 本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事も多いです・・・。

お家の保険相談センターが選ばれる理由

①無料での実地調査・申請サポート

私たちはお客様の保険金が実際に下りた場合にのみ、
お客様の保険金から一部を成果報酬としていただいております。
実地調査に伺ったところ申請できる箇所がない、
もしくは申請してみたけれど保険金が下りなかった場合については
費用を一切いただきませんのでご安心ください。

②4000件以上の豊富なサポート実績

豊富な経験から、被害箇所を見落とさずに、
適切に被害状況を特定することが出来るため、
お客様が適切な額の保険金をいただける可能性が非常に高いです。

③ほぼ全国の地域への実地調査

全国ほとんどの地域に対応している。

下記の条件が揃えば火災保険の受給が可能

☑自己所有物件

☑築5年以上

☑火災保険に加入している

投稿日:

Copyright© おまかせ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.